地デジ移行のその裏で

いよいよ明日正午、地デジへ完全移行し、アナログ放送は完全終了する。

その裏で困っている人々がいるのを新聞で見た。




『24日の地上デジタル放送への完全移行が迫る中、

視覚障害者の間にはなお、アナログ放送の終了を不安視する声がある。

これまではFMラジオで楽しめたアナログ放送を聞くことができなくなるからだ。

使っていた視覚障害者にとっては、情報収集の手段が一つ減ることになる。

広島市視覚障害者福祉協会の会長(67)=広島市東区=は、

移動中に小型ラジオでテレビのニュースを聞いてきた。

「テレビはニュース時間が長く、情報量も多い。どこでも聞けて便利だったのに」と残念がる。

一方、地デジ化によってデータ放送が充実し、

番組内容の読み上げ機能が付いたテレビの開発などにつながっていると評価する。

厚生労働省が2006年に実施した身体障害児・者実態調査によると、

視覚障害者の情報入手方法(複数回答)は、テレビが約66%で最多。

ラジオも約49%と高く、テレビとラジオが情報収集の主な手段となっている。』



~7/23 中国新聞より抜粋~





視覚障害者の方がネット閲覧するのに音声ソフトがあるようですが

やはり、耳にすんなり入ってくるラジオは捨てがたいものがあると思います。

ネットは確かに便利ですが、電源を入れ、パソコンを起動して

インターネットの画面を出す手間が惜しいと思う事はあると思うのです。

FMとアナログ放送は比較的近い周波数が割り当てられている為、

同じアンテナで受信できていたのに、それが明日正午からは不可能となると

上記新聞記事の中に記載されていました。


一般家庭でもデジタル化の為の出費は痛い。

対応テレビに買い替え、またはチューナーを購入し、

我が家はチューナー内蔵のDVDプレイヤーを購入しました

(元気なブラウン管TVがまだ使えるように)

このご時世、便利になるのはいいとしても出費は家計に響きます


皆が皆、気軽にTVを買える家ばかりではない。

新しい機能をすぐ使いこなせるわけではない。

ましてや視覚障害者の方達は情報を得る為の手段を一つ失うのです。



地デジ移行は数年前に分かっていたこととはいえ、

ハンディのある人たちの為にせめてラジオの代わりに対応できるものを

開発する時間もあっただろうと思う。

他の関連サイトを見ると携帯のワンセグを使えばいい、というコメントがありました。

だけど皆が皆携帯を持っているとは限らない。

電波状況がいいところばかりではない。

パソコンだって皆が皆、持っているとは限らない。



地デジに完全移行し、「地デジ難民」の方々への対応とともに

視覚障害者をはじめとする、今後デメリットが発生する方々への対応もして欲しいと思う。


確かにデジタル放送は画像がキレイだし、番組表から見たいものを選択できる。

新聞を見ずに選べる便利さはある。


けど、その裏で困っている人もいる。


お上はどう思っているのだろうか…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

殿将 帝
2011年07月23日 20:10
のっぽさん、今晩は。
先程、NHKで放送していました。
明日の正午でアナログが終了するということで、アンテナ設置とデジタルテレビ購入の駆け込み客が殺到しているそうですね。
工事業者も大忙しで、今から申し込んでも工事はお盆過ぎになるとのこと。
地デジは、アナログと違い電波を圧縮して送れるため、使う周波数帯がアナログの約3分の2で済む。携帯電話の利用が急増して電波が足りなくなると懸念されたため、地デジへの完全移行が決まったそうです。
障害者に関してですが、アンテナは賃貸アパートに住んでいる人に関しては、大家が設置してくれますが、問題はデジタルテレビやチューナーですね。被災世帯や住民税が非課税の世帯などには簡易チューナーが無料配布されますが、電気店で購入する分には5000円ほどで買えます。(自分もチューナーです)それにしても、痛い出費でしょうね。
ラジオもアナログでは聴けなくなるというのは知りませんでした。ぼくも、よくラジオを聴くので困りますね。
ぼくの住むアパートの3階の窓から近所の家のアンテナ設置率を毎日眺めていますが、向かいの老夫婦の家などでは、まだ屋根にUHFアンテナが設置されていないのが気になります。
ケーブルテレビか、光回線に加入しているのかも知れませんが、そのような感じにも見えません。
2011年07月23日 21:18
お上は末端(失礼ですが)のことは考えていないと思いますよ。
無知な私ですが、アナログを残してはいけない理由、はわかりません。我が家は数年前、前のテレビが壊れた時に買い換えましたが、殆どテレビを観ない私には、さほど魅力が増したようには感じられませんでした・・・
2011年07月23日 22:53
こんばんは。

ラジオが聴けなくなるのではなくて、
ラジオを使って、テレビの音が聴けなくなるということですよね。こんなことができていたということを
私は知りませんでした。

新しいものが取り入れられるとき、
必ず、いい意見と悪い意見とがでます。
何でも新しいものに飛びつくのは
あまり好きではありませんが、
「こうしましょう」と言われたことは
できるだけ受け入れられるようになりたいと思っています。

障がいを持つ方への配慮は、
なかなか意見が集まらないので、どうしても対応が遅くなるのではないでしょうか。
以前、読んだ本に、テレビのリモコンにわざわざ「あか」「あお」と文字を入れた話が載っていましたが、
最初は、そういう表示はなく、色がわかりにくいという方の意見が取り入れられて、そういう表示が一般的になったとありました。

作る人は、配慮しているつもりでも、どうしても自分目線で作ってしまうので、少しずつ変えていくしかないのかもしれません。

新聞などで、こうして取り上げられることで、
少しずつ変わっていくと思います。
2011年07月24日 09:07
殿将 帝さん

そもそもお上がデジタル放送に移行しようと思ったのは、電波は無限にあるわけではないので、電波の使用量が少ないデジタル放送に…という事でしたね。
のっぽが勤めている会社もその工事を集中的に受けていた時期があるし、実は今頃になってもオーダーがあるんですね

非課税の世帯は無料配布してくれると言っても、黙っていてチューナーが届くわけではなく、申請が必要のようで。もちろん既に持っていれば対象外になりますし。

確かに便利になるとはいえ、その便利さの裏で不便を感じる人がいるのは何とも言えない気持ちになります。

デジサポの方もこれからが大変ですね。
未対応の世帯への対応や不具合などが出た時の対応があると思うので、まだまだ落ち着きそうにないですね。
2011年07月24日 09:11
ベラさん

アナログを残してもいいじゃない?とのっぽも思います。視覚障害者の方に情報を得る手段を多く残したいと思うので。
ただ、電波は無限でないのでデジタル移行となったわけです。
詳細は「地デジの説明」で検索をかけると出てきます。
のっぽも地デジ移行で1台元気なブラウン管をどうしようか考えましたが、主人側で付き合いのある電気屋さんの意見でチューナー付きDVDプレイヤー(ディーガ)を設置する事で継続して使う事にしました。

地デジ対応テレビも買いましたけど、いや~出費が…。
2011年07月24日 09:19
solaさん

ラジオでTVの音声を拾える事は知っていましたが、本日正午のデジタル移行で聞けなくなる事は全く頭にありませんでした
新聞にまで載った、この視覚障害者の方達の訴えをお上が受け入れて何らかの対策を取ってくれるといいな…と思います。

「こういう風に変わります」という放送を聞いても何故こうなるのか等、詳細がなかなか一場面では分からない事がありますよね?
今回の地デジへの移行も皆が皆詳細が分からないから、未対応の世帯も出て来るし、不具合が起きたりもします。
のっぽもこの記事を書くにあたって、興味深かったので出来る範囲で検索してみました。
でも、ネット環境がある世帯ばかりでないから、ここまで調べる事も出来ない人だっている。

今回の新聞記事をきっかけにお上が対応してくれる事を願います。
2011年07月25日 23:59
こんばんは^^
地デジ化前日に実家へ行ったのですが、アナログのまま地デジ設定をしてませんでした
たまたま長男が一緒で気づきまして、設定を済ませてくれたのですが、大騒ぎになるところでした^^;
2011年07月26日 10:16
ぶひさん

早く気が付いて良かったですね~。
でないと正午とともに青画面が出て「アナログ放送は終了しました。今後はデジタル放送をお楽しみ下さい(だったかな?)」の表示でご実家の親御さんが慌てる所でしたね。

この記事へのトラックバック

  • 地デジ化、テレビ音声ラジオで聴けず

    Excerpt: 地デジ化で、今までラジオで聴けたテレビ音声が聴けなくなった。 これは、弱者切り捨てではないのか?     地デジ完全移行:ラジオで聴けない、落胆の視覚障害者、テレビ購入不安で二の足/神奈川(47N.. Weblog: りゅうちゃん別館 racked: 2011-07-25 17:46